読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べあ区

アラフォー会社員が気になったことを書いたブログです

【動画】演劇集団キャラメルボックスの作品がdTVなら月額500円で見放題!演劇ファンなら観ておきたい作品ばかりですね

演劇 キャラメルボックス dTV
スポンサーリンク

f:id:bearkurou:20170315154633p:plain 

「dTV」に契約してから自分が興味ある作品は一通り見たので、他の作品を探していたら「シアター」というカテゴリーを見つけました。気になって調べると「演劇集団キャラメルボックス」の公演動画を発見!!懐かしさのあまり見入ってしまいました。

「演劇集団キャラメルボックス」とは?

以前は上川隆也さんが所属していた有名な劇団です。娯楽要素のある作品を中心に上演しているのでわかりやすい作品が多く、演劇を初めて観る方にオススメの劇団ですね。自分の何回かキャラメルボックスの作品を見たことがあります。本家キャラメルボックスはもちろん、高校生や大学生が演出した作品も観ていますので、作品はそこそこ知っている方でしょう。

最近は忙しくて観劇する時間もなかなか取れないのですが、スマホでキャラメルボックスの過去の作品を見られるとは本当にありがたいですね。ああ懐かしすぎる。

視聴できるのは5作品

どれも名作ですね。作品名だけを聞いたことがある人もいるかも知れませんね。現在は5本のみ視聴できますが、今後は視聴できる作品を増やしてほしいですね。「四月になれば彼女は」「カレッジ・オブ・ザ・ウィンド」「竜馬がゆく」あたりを希望です。

「サンタクロースが歌ってくれた(2010年版)」

f:id:bearkurou:20170315152012j:plain

出演:上川隆也, 近江谷太朗, 三浦剛
演出:成井豊

解説
今日はクリスマス・イブ。彼氏のいないゆきみとすずこは、一緒に映画『ハイカラ探偵物語』を観に行く約束をする。時は大正5年12月。華族・有島家に、怪盗黒蜥蜴から一通の予告状が届く。狙われた「ラインの雫」を守るために立ち上がったのは、売り出し中の作家・芥川龍之介と、のちの江戸川乱歩・平井太郎だった。映画はまさにクライマックス。なかなか来ないすずこをあきらめて、一人淋しく観ていたゆきみ。すると突然、映画の中の登場人物たちが騒ぎ出した。「黒蜥蜴が消えた! この映画の外、銀幕の外へ逃げたんだ!」すると、ゆきみの前に、スクリーンから登場人物が飛び出してきた!

「TRUTH(1999年版)」

f:id:bearkurou:20170315152041j:plain


出演:岡田達也, 大内厚雄, 上川隆也, 菅野良一, 南塚康弘
演出:成井豊, 真柴あずき

解説
慶応四年(1868年)一月。長州征伐に参加していた弦次郎が、二年ぶりに江戸の上田藩邸に戻ってきた。出迎えたのは同じ上田藩士の仲間たち。ある日、仲間の一人・隼助が改造した鉄砲が暴発して、弦次郎は聴力を失ってしまう。上田に帰国しろという命令を受けた弦次郎は、最後に藩のため・日本の未来のために働く決意をする。それは、若い藩主を意のままに操り、勝海舟を亡き者にしようと企む人物の暗殺だった───

「賢治島探検記(2002年版)」

f:id:bearkurou:20170315152106j:plain

出演:菅野良一, 篠田剛, 坂口理恵, 岡田さつき, 中村恵子
演出:成井豊

解説
ある大学の文学部のゼミの一行が、街の片隅の、小さな空き地へとやってくる。ゼミを率いる篠田教授は、「ここが賢治島だ」と主張する。教授は自説を証明するために、学生たちと、宮沢賢治の童話を芝居として上演する。それは、『祭の晩』『どんぐりと山猫』『貝の火』『風の又三郎』『セロ弾きのゴーシュ』『銀河鉄道の夜』。6つの芝居が終わった時、彼らの胸に、不思議な風が吹く。

「クローズ・ユア・アイズ」

f:id:bearkurou:20170315152242j:plain

出演:岡田達也, 菅野良一, 久松信美, 細見大輔, 中村恵子
演出:成井豊

解説
大正12年12月22日早朝。マルセイユ発・横浜行きの旅客船の中で、新進画家の香取武三が息を引き取った。武三は一年前からパリに留学していたが、関東大震災の報を受け、不眠不休で帰りの旅費を稼いだ。震災で行方不明になった恋人・幸代を探すために。無理が祟って肺炎をこじらせ、日本到着を目前にして死んでしまった武三。が、心臓が停止した直後、彼は目を開ける。二度と開かないはずの目を───

「エトランゼ」

f:id:bearkurou:20170315152259j:plain

出演:坂口理恵, 大内厚雄, 中村恵子, 近江谷太朗
演出:真柴あずき, 成井豊

解説
ななえは駆け出しのカメラマン。8年間アシスタントを勤めたスタジオを辞め、フリーとして活動を開始したばかり。ある日、ななえのマンションに姉・かずみの子供たちが訪ねてくる。高校3年生の里奈と、その弟・開。春休みの間だけ、ななえの部屋から予備校に通わせてほしいと頼む里奈。しぶしぶ承知したななえだったが、いざ共同生活を始めてみると───

キャラメルボックスの過去作品を観るには、月額500円の「dTV」に契約が必要!

キャラメルボックスの作品に少し興味あるけど、どうしようか迷っている方には「dTV」で観るのをオススメしますよ。「dTV」はお試し視聴が31日間あるので途中で退会もOK。気軽に試せるのがいいですね。

例えば、高校の演劇部でキャラメルボックスの劇を演出したい人は、実際に公演された映像を参考に演出する使い方ができそうですね。

動画配信サービス「dTV」ならスマホ、テレビ、パソコン、タブレットでも見放題

 「dTV」契約のメリット

とにかく月額500円なので安いです。ドラマやアニメ、映画など幅広いジャンルを取り揃えており、見たい作品は見つかると思います。契約すれば元は必ず取れると思いますよ。

  • 月額500円(安い!)
  • 新規会員登録は初回31日間無料視聴(つまらなかったら途中退会も可)
  • 全キャリア(docomo、au、ソフトバンク)に対応
  • スマホ、テレビ、パソコンから視聴可能
  • 12万作品の映画や日本のドラマ、海外ドラマを視聴できる
  • 「おそ松さんオンステージ」も観られる

初回31日間無料!作品数・会員数No.1の動画配信サービス「dTV」

  まとめ

久々にキャラメルボックスの作品を観ていいなぁと思いました。映像作品も楽しめますが、できれば舞台は生で観るのが一番いいですよね。ちょっと劇場に足を運びたくなりました。